「ダメ!」の代わりにできる指示出しのひと工夫、子どもは小さな大人


指示をされて良い思いをする大人はいません。

皿がそのままじゃダメでしょ!

部屋をキレイにしておかないとダメでしょ!

子育てしっかりやっておかないとダメでしょ!

こんなことを言われて、ためになることがあるでしょうか。

相手が大人なら、そんな言い方しなくても、となりますよね。

しかし!相手が子どもになると、ついつい出てしまうダメだし。

これは、子どもたちのやる気をなくしてしまうので、極力使わないように頑張りましょう。

ダメの代わりに色々な表現があります。

おしゃべりはダメ! →  お口はチャックできるかな?

早く食べてはダメ! →  みんなのことを待ってあげられるかな?

走ってはダメ! → 走っていると、お店の人に当たって、お店の人が転んで大怪我してしまうよ。

カバンは閉めなさい! →  カバンが開いていると、中に入っているお弁当が飛んでっちゃうよ。

イスは机の中に入れて! → イスが入っていないと、ほかの人に当たってケガしてしまうよ

オモチャは片付けないとダメ! → オモチャさんも悲しくて、どこかに行っちゃうよ。

巣鴨キッズの先生たちが、指示出しをするときに気をつけていること

それは、指示出しをするときに、指示の理由や結果を伝えてあげること。

あれダメ!これダメ!そう言っていると、こちらの思い通りになるかもしれませんが、子どもたちのやる気までなくなってしまいます。

極端な話、それが続くと何もやる気がなくなってしまう子に。

子どもと言っても小さな大人です。

相手の立場に立って、相手が喜んで指示を受け入れてくれるよう、大人が努力しないといけません。


0回の閲覧

   問い合わせ​ 随時見学募集中! © 2018 by Sugamo Advance School, LLC.         kids@sugamoadvance.com