自由奔放なんてつまらない、ルールがあるから面白い


ワールドカップ盛り上がっていますね。どうして人はサッカーは見て悲しんだり喜んだりするのでしょうか。それはルールを知っているから。どうしたら点が入るのか。どうしたら相手にPKが与えられるのか。どうしたらレッドカードなのか。そういう共通認識があるから楽しく試合を見ることができます。ルールを知らなければ、楽しさも半減するでしょう。

子供達の遊びもそうですね。公園で鬼ごっこしようにも、鬼が決まっていなかったり、隠れんぼしようにも、隠れていなかったり。小さいうちは楽しいかもしれませんが、子供の年齢が上がるにつれて皆がルールを守らないと誰も楽しめなくなります。大きい子たちが小さい子たちと遊びたくなくなるのもルールの認識が違うからですね。

サッカーの試合中に、急にラグビーが始まっても何も楽しくないですからね。選手が急にボールを手に持って走り出してゴールしても面白くないですよね。

子供は自由奔放に、よく聞くフレーズですが、ルールの中で育てることは非常に大事です。もちろん軍隊のようなガチガチのルールではありません。巣鴨キッズでのルールは「自分を大事に周りも大事に」。お互いがお互いを大事にする。こういうルールの中で過ごすので、これに違反した子は厳しく言われます。言葉遣いなども、相手を大事にしていなければ、厳しく言われます。逆に周りを大事にできていれば他は小さなことです。そしてそういう中で育つ子は、自分も周りも大事にするようになります。

共通のルールがあるから、そのルールを守れば自分が守られ皆が守られ、ルールがあるからより楽しめる。ルールって本当に大事ですよね。

園児たちが粘土で一所懸命に創作に励んでいます。指先の動き、想像力を駆使しています


62回の閲覧

   問い合わせ​ 随時見学募集中! © 2018 by Sugamo Advance School, LLC.         kids@sugamoadvance.com