比べるな、焦るな、忘れるな


すがもキッズにて痛感するのが、一人一人の成長のペースは違うのだな、ということです。よく喋る子もいれば、あまり喋らない子もいたり、足の速い子もいれば、遅い子もいたり、我慢できない子もいれば、我慢強い子もいたり。本当に一人一人が違います。

私自身も、一人の父親として思うのは、ほかの子ができているのにうちの子はどうしてできない?などと思ってしまうこともありました。息子のオムツがなかなか取れないこともそうでしたね。でもよく考えたらオムツが取れない大人なんていないんですよね。

他にも焦らなくていいことばかりです。例えばハイハイ。歩いた歩いていないと比べても仕方がないことですし、ハイハイって体にいいことばかりなんですよね。焦らせて歩かせてしまうと、ハイハイで培うべき筋力が発達せずに、しっかりと座っていられない子になってしまうことも。

なので保護者の方に伝えたいのは、「比べるな、焦るな、忘れるな」百歩譲って比べてもいいですが、比べた上で焦らるのではなく、落ち着いて理解すること。うちの子は、ほかのこと比べて歩くのは遅いのだな、と理解だけしておけばいいんです。

親が我が子に望むことはただ一つ。「幸せで充実した人生を歩んでもらうこと」。ほかのことは考えてみれば小さいことです。私自身、息子のオムツが取れないなんて小さなことでした。振り返ってみれば全部小さなことなんですよね。だから、比べて焦らない。そして大事なことを忘れないこと。親の子に対する願いは何か。

それは誰よりも早くオムツが取れるようになることではなく、誰よりも早く歩けるようになることではなく、幸せで充実した人生を歩んでもらうこと

これさえ忘れなければ、オムツが外れるのが遅くても、歩き出すのが遅くても、大したことではありません。

比べるな、焦るな、忘れるな!で、今日も子育て楽しんで行きましょう!


28回の閲覧

   問い合わせ​ 随時見学募集中! © 2018 by Sugamo Advance School, LLC.         kids@sugamoadvance.com