読み聞かせで一工夫:「聞く」を鍛える3つの方法


前回、言語において大事なのは「話す」よりも「聞く」が大事という話をしました。

(参照:周りからみはなされないために:「話す」よりも「聞く」

それではその「聞く」というのはどうやって鍛えることができるのでしょうか。

もちろん、巣鴨キッズで鍛えますが、ご家庭でも「聞く」を意識するだけで聞く力を磨くことが可能です。

例えば、読み聞かせ。読み聞かせをあなどってはいけません。これこそ聞くの原点となるのですから。

読み聞かせとは、お母さんお父さんを独り占めできる時間です。誰かが自分のために絵本を読んでくれる、読み聞かせの真の価値は、言語力よりも、人の温もりなのかもしれません。

読み聞かせはとことんやるべきです。やりすぎるということはありません。ただ、読み聞かせと言っても、読むだけになってはいませんか。また同じ本を何度も読まされて辛い、などと思ったりしませんか?

もちろん、普通に読んで、普通に楽しむ、これだけでも十分です。ただ、一工夫するだけで、読み聞かせも、色々な楽しみ方があります。

1 本を読むときに、字を追うだけでなく、絵を見て色々とツッコミを入れてみる。

絵本に出てくる話とは全然関係ない家具の話をするなど、何度も何度も同じ本を読んでいると飽きて来てしまうのは仕方ありません。そういう中でも一工夫でいくらでも絵本を楽しむことができます。

2 話の途中で絵本を閉じて、今後どうなってしまうのか子供に聞いてみる。

子供は喜んで、これから話がどうなっていくのかを聞かせてくれるでしょう。続きは、明日、とかにしても、子供たちは次の日までワクワクしながら読み聞かせを楽しみにすることでしょう。

3 いっそのこと、本は使わずに、創作話を始めてみる。

絵本があるのでそれを読むことにこだわってしまうものです。絵本は使わずに、ゼロから話を作って見ましょう。私も良く、昔話の冒頭だけ借りて来て、続きを作り上げてしまいます。「昔々、あるところにおじいさんとおばあさんがいました。・・・」そんな冒頭から始まるお話ですが、途中からはアンパンマンやらトーマスやらが出て来て大変なことに。子供はこういう話が大好きです。

どうでしょうか。日頃の絵本の読み聞かせですが、一工夫することで、子供が楽しめることはもちろん、お父さんお母さんも楽しめるようになります。絵本の読み聞かせは、やりすぎるということはありません。どんどん読み聞かせを楽しんで、子供に本好きになってもらいましょう。本を好きになるということは、子供の世界を広げるということなのですから。


61回の閲覧

   問い合わせ​ 随時見学募集中! © 2018 by Sugamo Advance School, LLC.         kids@sugamoadvance.com